ABOUT US

会社案内

PHILOSOPHY & VISION

理念とビジョン

ビジョン

Turning waste into value
廃棄物を価値に変える

企業理念

圧縮減容機の製造と販売を通じて、顧客の事業の効率化、廃棄物に関わる労働環境の改善、自然環境への負荷の削減に貢献をするとともに、資源が適切に循環する社会を作ること。


バリュー

ORWAKでは、上記の企業理念とビジョンを実現するために、経営および製品において、次の3つの価値を重視しています。

Environment

環境

圧縮機導入により環境負荷を軽減し、サステイナブルな事業構築のお手伝いをいたします。
具体的にはゴミの減容することによるCO2削減、労働負荷の改善、全自動圧縮機による省人化を推進し、中長期的に事業全体の効率化を図ります。

Evolution

進化

圧縮減容システムの開発分野におけるリーディングカンパニーとして、安全性に配慮した装置設計をベースとしたペットボトル処理装置、IoT搭載型全自動圧縮機などに代表される、様々な装置開発に取り組んでいます。

Expertise

専門性

ORWAKの45年以上にわたる高性能、高品質な圧縮減容システムの開発・製造において築いてきた高い専門性を活かし、製品だけでなく、システム導入におけるコンサルティングから導入後のアフターサービスまで、顧客価値を高められるサービスを提供すること。

ORWAKクオリティ

ORWAKは、環境先進国と言われるスウェーデンで1971年に創業して以来、世界の市場で製品の優れた安全性と耐久性が高く評価されてきました。
製品の品質を保つため、設計から製造、品質管理に至る全製造行程を約45年の実績で培った圧縮減容に関する技術とノウハウを結集したスウェーデンの本社自社工場で行っています。
自社工場は、最新設備を備え、高い品質管理の指標となるISO9001、環境保全への対応基準を定めたISO14001の認証を取得している他、溶接施工法の品質管理を定めるISO 3834の認証も取得しています。
ORWAK Japanも、ORWAK本社が掲げる理念、ビジョン、バリューに則って、日本のお客様にORWAKクオリティをお届けし、ご満足いただける圧縮減容ソリューションをご提供してまいります。

OUTLINE

会社概要

THE WORLD LEADER IN COMPACTION

1971年に環境先進国と言われるスウェーデンで創業した圧縮梱包・減容機メーカーの世界的リーダー、ORWAK。
ORWAK Japan(オーワック ジャパン)は、その100%子会社として設立された日本法人です。
これまで、国内だけで約3900機の圧縮梱包・減容機を導入いただいており、国内圧縮減容機市場でもトップレベルのシェアを誇っています。

会社名 ORWAK Japan株式会社
代表取締役 菊地 卓也
資本金 2000万円
住所 〒105-0012 東京都港区芝大門2-2-1 ユニゾ芝大門2丁目ビル 6階
電話番号 03-6450-0452
FAX 03-6450-0458
ホームページ www.owak.co.jp
事業内容 ORWAKブランドの圧縮減容機の販売、メンテナンス、消耗品の販売
主要顧客 製造業、小売業、古紙問屋業、産業廃棄物業など、一部上場企業をはじめとした大手~中堅企業約3000社
取引銀行 三井住友銀行 浜松町支店
グローバル本社 ORWAK AB (スウェーデン サブショー市)
グローバルサイト www.orwak.com(英語)

HISTORY

沿革

1990年
日本の輸入総代理店および販売代理店を通じて、日本での製品の販売を開始
2013年3月14日
国内市場のニーズに合わせたスピーディな製品供給と、部品調達などを含むアフターサービスの充実化を図るため、スウェーデン本社の100%子会社のOrwak Tomra Compaction株式会社を設立
2015年2月1日
親会社のオーナー変更により社名をOrwak Tomra Compaction株式会社からORWAK Japan株式会社に変更